入園案内

保育園は、お子さんが生涯にわたる人間形成にとって極めて重要な時期にその生活時間の大半を過ごすところです。
養護の行き届いた環境のもと一人ひとりの発達過程を把握しながら、安心感と信頼感を持ってお子さんが主体的に活動出来るよう、
「人」としてともに育ち合うことを願っております。

保育目標

  • 強い子どもになりましょう <<心身ともに健康に>>
  • やさしい子どもになりましょう <<思いやりの心を大切に>>
  • 考える子どもになりましょう <<自立心を養う>>
  • ののさまを大切にしましょう <<感謝の気持ちを忘れない>>

《 親子のふれあい・ともに育ち合う心を大切に 》

登園前にはご家庭で

  • 朝のごあいさつをしましょう。
  • 朝の体調を観察しましょう。
  • 朝ごはんをいただきましょう。
  • 洗面、歯みがきをしましょう。
  • トイレに行きましょう。
  • お菓子、おもちゃ類は持ってこないようにしましょう。

1.登園・降園について

ア.登園時

◇ それぞれの保育時間に合わせて登園し、お子さんと保育室に入室、朝の準備をしてください。
午前8時30分までに登園の方は、おはようのおへやで受け入れをします。

◇ 兄弟・姉妹がいるお子さんは、上のお子さんから朝の準備をしてください。
(乳児室へは衛生上、幼児さんは、入室を控えてもらっています。)

◇ 前日や朝に 体調不良がみられた時は、必ずお知らせください。症状によってはお預かりできない場合があります。

◇ 遅れて登園する時は、保育内容、給食の食数、準備などの都合上 登園時間、給食の有無を必ずお知らせください。

イ.降園時

◇ 降園時は、小さいお子さんからお迎えに行ってください。

◇ お迎え後は、遊んだりせず、速やかに降園してください。お迎え後のお子さんは、保護者の方が責任を持って管理いただくようになっています。

◇ いつもと違う人が、お迎えに来られる場合は、必ず保護者の方が園に連絡してください。
確認が取れるまでお子さんは、お渡しできません。
(兄姉がお迎えの場合 原則として 中学生以上)

◇ お迎えが、定刻を過ぎる時は、必ず園に連絡してください。

【園庭側の出入口開放時間】

登園時   午前8時30分~9時30分
降園時   午後3時30分~4時00分

☆ 上記の時間以外は、玄関より出入りしてください。
☆ 土曜日は、一日中園庭側の出入口は、開放しません。送迎は、玄関からのみです。

ウ.送迎時

【ネームプレートについて】
お子さんの安全を守るため 各家庭に1個ずつ配布します。保護者の方は送迎時には、必ず装着してください。

【車、自転車、ベビーカー等について】
送迎用の駐車場はありません。速やかに移動してください。
自転車やベビーカーは、路側帯を塞ぐことのないよう 玄関の場合のり上げるようにして置いてください。お預かりはできませんのでご了承ください。

【通園バスについて】
原則として満3歳から利用できます。ご希望の方は、乗降場所、時間等
ご相談ください。尚、土曜日は運休です。

エ.連絡について

◇ 欠席・遅刻の時は、午前9時までに 理由・様子を必ず連絡してください。

◇ 1か月以上欠席の場合も籍がありますので、保育料は、納めていただくことになっています。

◇ 保育時間中の担任の呼び出し電話は、ご遠慮ください。

2.保育時間について

ア.保育必要量   福祉事務所からの「支給認定書」に記載の時間

【短時間保育】
① 午前8時30分~午後4時30分
② 午前9時00分~午後5時00分
(①・②のいずれか)

【標準時間保育】
午前7時30分~午後6時30分の範囲で30分刻みで決定された保育時間

☆短時間保育・標準時間保育いずれも たびたび時間外になる場合は、保育時間を変更していただきます。

イ.延長保育時間   午後6時30分~7時00分

【延長保育を登録される方】

・勤務等の都合で事前に登録される場合…月額1500円
延長保育登録書がありますので必要な方は、お申し出ください。)

【延長保育を登録されない方】

・午後6時30分を超えてのお迎えは、一人1回400円を当日現金にていただきます。
◇ 保育必要量が、標準時間の方であることが前提です。
◇ 満1歳から利用できます。
◇ 延長保育時間は、おはようのおへやでの異年齢児合同保育となります。
◇ 閉門時間が、午後7時00分となりますので、お迎えの時は、閉門までに玄関を出られるようにお願いします。

ウ.送迎時間の把握の仕方

◇ 保育室にこられた時刻を おはようのおへやの電波時計(デジタル)により確認の上
各クラスの登降園確認表に保護者の方が記入してください。
乳児は、各クラスの電波時計を見てください。

今一度申請されている保育時間をご確認ください。

3.給食について

◇ 完全給食です。尚、夏期に主食を持参していただくことがあります。乳児は、通年完全給食です。
◇ 献立表は、毎月配布します。
◇ アレルギーのある方は、ご相談ください。
◇  園外保育等で お弁当が必要な日もあります。

4.病気やケガについて

ア.発熱等

◇ 保育園で37.5℃以上発熱した時や集団生活が困難と思われる時
(下痢・嘔吐・発疹等) は、保護者の方に連絡を入れます。

◇ 38℃以上の発熱があった場合は、速やかにお迎えをお願いします。

◇ 24時間以内に38℃以上の発熱があった時は、登園を控え、お子さんの様子を見てください。座薬等で熱を下げて登園しても
一時的には下がりますが、また発熱する可能性があり、お子さんの体にも負担が大きくかかります。
一日は様子を見るようにしてください。

イ.感染症

◇ 感染症にかかった場合は、他のお子さんへの感染拡大を防止するため、感染するおそれがなくなるまでは、登園を控えてください。

◇ 感染症罹患時の《登園停止基準》《登園届》については
京都府医師会乳幼児保健委員会よりの提示

ウ.ケガ

◇ ケガをされた場合は、保護者の方に連絡し、病院で受診することがあります。
健康保険証等を持って一緒に病院まで来てください。引き続き通院の必要がある場合は、保護者の方にお願いしています。

◇ 治療にかかった費用につきましては、【独立行政法人日本スポーツ振興センター】の保険に加入していますので、その給付金によって負担します。

エ.お薬について

◇ 原則として保育園では薬はあずかりません。保育園で薬を飲んだり、使用したりしなくてよいようにかかりつけの医師に朝と夜の2回を一日分としてお願いしてください。
やむをえず園での投与が必要な場合は、保護者の「与薬依頼書」・医師の 「与薬指示書(「薬剤情報提供書」等)」を提出してください。
(飲み薬・塗り薬・目薬等すべて)

5.休園日について

◇ 日曜日・祝日・年末年始
◇ 日曜日・祝日の振替日

6.その他

ア.慣らし保育について

◇ 環境の変化は、お子さんにとって心身ともにとても負担のかかることです。
それが新しい場所となればなおさらです。少しでもお子さんの負担を軽減するため、また、園生活がより早く楽しいものになるように午前中の短い時間からはじめる慣らし保育をお勧めいたします。
新しい環境に慣れるまでには、個人差がとても大きいものですが、当園は、次のような期間を目安としています。

0歳児~2歳児……2~3週間
3歳児……10日程度
4歳児……1週間程度
5歳児……3日間~1週間

イ.土曜保育について

◇ 土曜日は、行事開催、職員研修等もありますので、お仕事がお休みの時やご家庭の都合がつく時は、
お休みまたは、保育時間短縮のご協力をお願いします。

◇ 年間を通しての調査票を出していただいていますが、毎月各土曜日の保育についてお申し出くださいますようお願い致します。

◇ 申し込み用紙は、事務所においています。保育体制の都合等ありますので
原則 前月の25日までに提出してください。

ウ.休園ご協力日のお願い

◇ 下記の日を『休園ご協力日』とし、ご家庭での保育をお願いしたいと思います。
今からご予定いただきますようお願い致します。

◇ 但し、保育が必要な方は、保育体制の都合がありますので、お申し出頂くことになります。改めてお知らせ致します。

7.費用について

◇ 保育料は、原則として口座振替です。
翌月の15日に引き落としです。(例  4月分は、5月15日)
◇ 園費 (幼児3・4・5歳児の主食代・通園バス代)については、京都銀行白梅町支店で
預金口座振替制度を用いています。(毎月8日・17日に自動振替)
◇ 行政の指導により 個人所有の物・遠足代等は、諸費として徴収させていただきます。

8.緊急時対応について

◇ 京都・亀岡地域に特別警報(大雨、暴風等)や暴風警報が発令された場合

1.午前7時30分以前に発令され、午前7時30分現在発令中の時

自宅待機となります。(原則として園からの連絡はありません。

2.午前7時30分現在解除されている時

平常保育(給食・通園バスあります。)

3.午前7時30分以降に解除された時

解除から1時間後を目安に保育を開始いたします。
安全を確認の上、登園してください。

【午前中に解除の時】
○ 給食はありませんので、お弁当を持参してください。
○ 通園バスは朝のみ運行します。

【午後に解除の時】
○ 昼食は、済ませて登園してください。
○ 通園バス(帰り)運行については解除時間により決定し利用されている方に連絡します。

4.保育中に上記の警報が発令された場合は、お迎えをお願いします。

○ テレビ・ラジオ等でご確認ください。
○ 園からは、メールによる連絡となります。
メール登録にご協力ください。

☆ 状況・場面により、基本的には、地域の小学校に準じて変更される時もありますのでご了承ください。

◇ 地震発生に際しては、園児を安全な所へ誘導・避難させる事を考えて行動し、保護者のお迎えがあるまでお預かりします。
◇ 天災時には、園長が情報を収集し適切な判断をします。
◇ 園から一番近い広域避難場所は、洛星高校グランドです。